閉まらずの金庫

 

icon_02.jpg

春よこい(迫真)
 [ 従業員代表 WADA]

 

 

 

第二十四回ブログ更新でございます。
第二十四回ブログ更新の担当は従業員代表のWADAです。
 
 
3月なのにまだ吹雪いています!
 
しかし、気温は上がってきているのでしょう
今日傘を差さずに歩いていると雪が融けて衣服が濡れてしまいました…。
 
内地で働いていた頃の雪が降った日を思い出しました。
 
札幌の気温では雪がすぐ融けて濡れてしまうというイメージがあまりなかった(個人的には)ので、当然スーツはびしょ濡れになりました…懐かしい。
 
 
そういった意味では、融けないか一気に融けるかはっきりしてほしい!と思ってしまいます。(笑)
 
雪が融けて道路に水溜りができ悪路が増え、夜には冷えて凍ったり雪が積もったりと…中途半端なこの季節は個人的には一年通して一番過ごしにくく思えます。
 
 
春よ来い!
 
 
さて、閑話休題しまして。
 
こっちのほうがトラブルらしいトラブルだったのですが
 
 
なんと!自宅の金庫のドアが開いた状態で鍵が閉じなくなりドアが閉まらなくなりました!
 
それだけならまだしも、私金庫の番号知らなかったんですよね。
 
出かけるにしても開けたままだと怖い…所有者の親も番号は知らない状態(ツッコミどころですが)…さて困った。
 
 
とりあえずとサイトや電話を使い調べてみたものの、下手すると3万円くらいかかることもあると知って思わず溜息が漏れました。
 
しかし、とある情報が救いになりました。
 
「ドアが開いている状態であれば作業は楽になる」という情報です。
 
 
それを知ってしまったらもう動くしかありませんよね?
 
そう、ドアを内側から解体致しました。(笑)
 
そうすると、思ったよりも簡単な構造をしていることに気が付き
なんと!更にはわからなかった番号まで把握できるという戦果をあげました!(特に私が普段使うことはないんですがね)
 
それで無事ドアを閉めることができ、出かけることが出来ましたというお話です…。
 
 
普段「もし壊してしまったら怖いから業者に頼むのが確実だ」となるところですが、貪欲な行動が功を奏しましたね。(笑)
 
そして普段、私には到底理解できないような難しいものと思いがちなものが案外簡単なものだったりすることがあるということを思い出しました。
 
 
これを思い出したことが今回一番の収穫だったように思います。
 
 
時として人は、無理だと決めつけずチャレンジべきですね…失敗した時は悲惨ですが!
 
 
それでは今回はこの辺で~
 
 
まんま雑談でしたが、今回はこの辺でーノシ
雑談   2013年03月06日   iostyle

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
このページの先頭へ戻る